尻毛 脱毛器

脱毛器「ケノン」での尻毛脱毛、リアルな3か月間体験談

画像
「尻毛をなんとかしたい!」

 

前々から、そう思っていました。

 

だって、

 

トイレで用を足した後もウォシュレットがないと困
セックスの際に女性からの評判も悪い。
いくら剃っても、気が付いたら生えてくるし・・・

 

男のムダ毛に関しては処理するべきか賛否が分かれるところがありますが、肛門周りの毛に関しては、デメリットしかないですよね。

 

そこで、脱毛を決意したわけです。

 

方法として脱毛サロンも考えましたが、そんなにお金がないのと、肛門を他人に見られるのは若干抵抗があったので、

 

思い切って家庭用脱毛器を購入して脱毛することにしました。

 

 

 

家庭用脱毛器で尻毛脱毛は可能か?

「そもその家庭用脱毛器で尻毛脱毛はできるのか?」

 

と思い、Yahoo!知恵袋や口コミサイトなどでいろいろと調べてみると・・・

 

家庭用脱毛器で尻毛脱毛をしている男性は、意外と多いようでした。

 

ただし、安全性が確実には担保されていないため、

 

多くの家庭用脱毛器は肛門周囲のムダ毛(いわゆるOライン)の脱毛は推奨されておらず、自己責任において脱毛するということになります。ちょっと怖いですよね・・・

 

そこで、私が選んだのがケノンという脱毛器です。

 

 

画像
画像

 

 

ケノンは利用者の4割が男性という、男性からの人気が非常に高いフラッシュ式の家庭用脱毛器です。

 

なおかつ、男性の尻毛脱毛に関する口コミも多かったので、これなら安心して利用できると思ったのがケノンを選んだ理由でした。

 

 

ケノンが自宅に届いた

画像
公式サイトのオンラインショップからケノンを注文すると、2日後に商品が自宅に届きました。

 

「早っ!もう届くんだ・・・」

 

と、驚きつつもさっそく試してみることに!

 

 

下準備

画像
口コミサイトによると、家庭用脱毛器を安全に使うためには下準備が何より大切だそうです。

 

とくに、デリケートな場所なだけに「火傷」だけは避けたい!

 

あらかじめ、準備するもの3つ。

 

  • 家庭用脱毛器【ケノン】本体
  • 市販の電気シェーバー
  • タオルを巻いた保冷剤

 

画像

 

 

ケノンを起動させておいて、市販の電気シェーバーで肛門周りの毛を剃ります。

 

しっかりと、剃毛しないと、脱毛器の照射エネルギーが逃げてしまい、十分な脱毛効果が得られません。

 

電気シェーバーは肌を傷つけないため、女性の眉毛処理用のものを使いました。

 

そして、冷凍庫にある保冷材にタオルを巻き、肛門周囲をしっかり冷やしていきます。

 

この、「照射部位を冷やす」ということが何よりも重要!

 

照射直前までしっかりと冷やすことで、

 

  • 脱毛時の痛みの軽減
  • 皮膚トラブルの回避

 

につながります。

 

★尻毛脱毛開始!

画像
さっそく、

 

鏡で脱毛場所を確認しつつ・・・脱毛器を肛門周囲の肌にあてて脱毛していきます。

 

いざとなると、照射ボタンを押すのはかなり怖い!

 

最初は最弱のパワーから・・・ピッ!

 

「・・・何も感じない」

 

徐々に照射パワーを上げていき、耐えられるくらい刺激でストップ。

 

しっかりと冷やせば、そこそこパワーを上げてもよさそうだ。

 

画像

 

刺激としては、「暖かいかな〜」という程度。

 

想像していたほど痛みはなかったが、照射した瞬間に、毛が焼け焦げたような匂いがうっすらします。

 

どうやら、しっかりと光の熱が毛根まで入っているようです。

 

 

1か月後の変化

脱毛の方法はマスターしたので、あとはこれを続けるだけ!

 

尻毛脱毛は、1回で5分〜10分程度。

 

2週間に一度のペースで行いました。

 

ちなみに、毛周期という毛が生えるサイクルがあるので、同じ個所への照射回数をやみくもに増やしても、脱毛効果は上がりません。

 

むしろ、肌へのダメージが蓄積して、火傷などの肌トラブルに発展する危険があるので、最低2週間は空けるようにしましょう。

 

 

 

さて、1か月が経過したところで鏡で肛門周囲を確認です。

 

「おっ、減ってきている!」

 

完全にツルツルにはなっていないものの、

 

毛が薄くなるというよりは、毛の密度というか、生えている本数が明らかに少なくなっています。

 

これは、期待が持てる兆しです♪

 

 

3か月間で尻毛がツルツルに!

コンスタントに続けていると3か月後には、肛門周囲の毛はツルツルになっていました。

 

と言うか、気が付いたら、生えなくなっていたという感じですね・・・。

 

その後、半年経ちますが、全く生えてくる気配もありません。

 

それからは、本当に快適♪

 

衛生的だし、定期的に剃る手間もありません。

 

今となっては、「なんてもっと早く脱毛しておかなかったんだろう」と思いっています。

 

 

ケノン公式サイトオンラインショップを見に行く>>

 

 

脱毛器での尻毛脱毛を終えてわかったこと

必要なのはほんの少しの勇気だけ

 

最初は、家庭用脱毛器で尻毛の脱毛をすることが不安でしたが、脱毛を完了して思ったのは、

 

「そんなに怖がるほどのことでもなかった」

 

ということですね。

 

脱毛が完了してしまえば、もっと早くやっておけばよかったという後悔しかありません。

 

家庭用脱毛器のメリット、デメリット

脱毛手段としては、他にもいろいろとありましたが個人的に脱毛器を選んでよかったと思うことは、

 

  • 自宅で脱毛できる
  • 好きな時間帯に脱毛できる
  • 他人に尻毛を見られない

 

といったことが大きいです。

 

家庭用脱毛器は、一度購入してしまえば、他の気になる個所も脱毛できるので、そこも大きなメリットです。

 

家庭用脱毛器のデメリットとして、脱毛サロンよりも脱毛効果が弱いということがありますが、

 

女性のようにガッツリ全身脱毛する必要はなく、部分的な脱毛でよい男性にとっては、家庭用脱毛器というのはかなり便利なアイテム。

 

特に、ケノンのように、カートリッジの寿命が長く高コスパな脱毛器は重宝します。

 

尻毛脱毛が完了した今では、ビキニラインや金玉の脱毛にも使っています。

 

これらの脱毛方法に関しては、↓の記事で詳しく説明してしますので参考にしてみてください。

 

 

 

 

逆に、家庭用脱毛器を使う上でのデメリットは、やはり、皮膚トラブルへの不安が大きいということです。

 

いくら安全といってもデリケートな場所なだけに、自己責任で脱毛するのは私自身かなり抵抗がりました。

 

まあ、安全だとわかってしまえばそんな不安も消えたわけですがWW

 

尻毛脱毛に脱毛サロンという選択肢

画像
いかがでしたでしょうか。

 

ここまで読んでいただいて、男性の尻毛脱毛に対する不安が少しでも解消してくれていれば幸いです。

 

もし、

 

「やっぱり脱毛は脱毛サロンの方がよさそうだ・・・」

 

と思われた場合は、男性専用の脱毛サロンという選択肢もあります。

 

最近では、全国の主要都市に店舗を構える人気の脱毛サロンも増えてきました。

 

このような、男性用脱毛サロンでは、尻毛脱毛専用のプランもあったありしますので、まずは

 

無料カウンセリングに申し込んで、プロの方に相談をしてみるのもおすすめですよ。

 

私は、「ゴリラ脱毛」というサロンの無料カウンセリングに行きましたが、男性スタッフが新設に相談に乗ってくれました。

 

無理な勧誘も一切されなかったのでとても好感が持てましたよ。

 

尻毛脱毛ができる人気の男性用脱毛サロン

 

ゴリラ脱毛

画像
画像

 

 

メンズリゼ

画像
画像